7月に公開する「モンスターズ・ユニバーシティ」(C)2013 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

米ピクサーとウォルト・ディズニーというディズニー傘下のアニメ工房2社が、今後の公開スケジュールを一挙に発表したと、Deadlineが報じた。

今回発表されたのは、2016年から18年までの公開予定で、ピクサーとディズニーがそれぞれ4本ずつ、計8本公開するとしている。いずれもタイトルや内容は明らかにされていないが、すべて3D映画として製作されるという。

15年までの公開スケジュールはすでに明らかになっており、ピクサーの13年公開作は「モンスターズ・ユニバーシティ」(ダン・スキャンロン監督)で、14年に「ザ・グッド・ダイナソー(原題)」(ボブ・ピーターソン監督)、15年に「インサイド・アウト(原題)」(ピート・ドクター監督)と「ファインディング・ドリー(原題)」(アンドリュー・スタントン監督)が控えている。

一方、ディズニーは今年「フローズン(原題)」(クリス・バック、ジェニファー・リー監督)、15年に「ビッグヒーロー6(原題)」(ドン・ホール監督)を公開する予定だ。

なお、今回新たに発表された公開スケジュールは、以下の通り(日時はいずれも全米公開)。

16年3月4日:「タイトル未定」(ディズニー)
16年6月17日:「タイトル未定」(ピクサー)
16年11月23日:「タイトル未定」(ディズニー)
17年6月16日:「タイトル未定」(ピクサー)
17年11月22日:「タイトル未定」(ピクサー)
18年3月9日:「「タイトル未定」(ディズニー)
18年6月15日:「タイトル未定」(ピクサー)
18年11月21日:「タイトル未定」(ディズニー)

■関連記事
2015年公開のピクサー新作タイトルが明らかに
【コラム】“モンスターズ・ユニバーシティ”に入学!? ピクサー本社で先行取材!
「ファインディング・ニモ」続編タイトルは「ファインディング・ドリー」
米ディズニー、メキシコの祝日の商標化を試みるも断念
ベテランVFXアーティスト、ILMのチーフ・クリエイティブ・オフィサーに