6月4日、今夜に迫った2014年ワールドカップ予選の大一番。これでオーストラリアとの一戦を日本が制すれば、初めて日本代表がホームの地で、W杯出場を決めることになります。

「サッカーとか、ぜんぜん興味なくて」という女性は意外といるものですが、"女子力"を意識するなら、それは改めたほうがいいかもしれません。ウェブサイト「ジレンマ+」のコンテンツ「ジレンマ女子会」を書籍化した『女子会2.0』では、女子力の高い人間とサッカーの関係性について、こう述べられています。

「結婚したい女子ができることは何かありますか」という問いかけの後に、1972年生まれのライター・西森路代さんが言ったこの言葉。「今、女子力の高い人はサッカーに行く人という感じがします」。

 西森さんの言う"女子力"とは、男の人の趣味に自分を合わせること。女性誌などで女子力という言葉を聞くと、旬のファッションやメイクを施すことに手を抜かず、趣味や稽古事にも熱心。向上心を忘れず、好奇心旺盛で、いつもキラキラしているイメージがありますが、実はそうではないよう。この「今まで考えられていたような女子力」はモテるためには必要ないかもしれないと言い、それよりも、多くの男性がはまるサッカー観戦に足を伸ばすほうが、出会いが増えて結果的に結婚できる確率が高くなるというのです。

 1970年生まれで、詩人・社会学者の水無田気流さんは、さらにこんなことを。「消費メディアにあおられて自分磨きばかりしていると、むしろ磨きすぎて相手がいなくなる。よく磨きすぎた日本刀は、近寄るだけで、触っていないのに斬られるというじゃないですか。磨きすぎて、名刀どころか妖刀になっている可能性があるなと思います」。なんと恐ろしい...。

 時代は変わったはずですが、旧来の結婚観を捨てられなかったり、キャリアを積み社会で成功している女性が憧れのロールモデルにならなかったり、日本女性を取り巻く現実を知ることができる同書。男性側の"進化"についても語られていて、男女問わず、自分を見つめ直すきっかけになる一冊と言えるでしょう。



『女子会2.0』
 著者:
 出版社:NHK出版
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
いちばん簡単な人見知り克服法は、いっしょに◯◯するだけ
眠いだけじゃない... 体内時計が狂うと人はどうなる?
満足度の高い一日の過ごし方 ポイントは「銀行での記帳」?


■配信元
WEB本の雑誌