『プレーンズ』は12月21日(土)より2D・3D同時公開!/[c]2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

人間のようにしゃべり、動く自動車たちの世界を描いて大ヒット、続編も作られたディズニー ピクサーの『カーズ』(06)。その世界観にインスピレーションを受け、飛行機を主人公にして“夢をかなえる勇気”を描いた、ディズニーによる感動のファンタジー・アドベンチャー・アニメ『プレーンズ』が12月21日(土)より公開されることが決定した。

本作の主人公は、飛行機のくせに“高所恐怖症”であるダスティ。世界一周レースで優勝することを夢みているが、彼はそもそもスピードを競うようなレース用飛行機ではなく農場の農薬散布機だった。誰もが「無理だ」と断言する中、諦め切れない彼は伝説の飛行教官の指導を受け、世界一周レースに挑戦する。そんな彼を支えるのは、個性豊かな飛行機キャラクターに加え、まるで『カーズ』シリーズを思わせるような車キャラクターの仲間たち。本作は、今なお愛され続けている『カーズ』シリーズの世界観を発展させた新たな物語となっている。

監督は『ティンカー・ベルと月の石』(09)を手掛けているクレイ・ホール。エキサイティングな飛行シーンは、実写を超えるリアルな迫力とスピード感で描かれている。だがそれだけではない。監督が「私たちはできる限りのハートとメッセージをこの作品に込めています」と語るように、本作は爽快なアドベンチャーでありながら、“努力”“勇気”“友情”の大切さがうたわれている。これには老若男女、誰もが心を震わせること必至だ。

一方、日本では7月20日(土)より宮崎駿監督の新作『風立ちぬ』が公開される。この作品は、零戦を設計した実在の人物、堀越二郎の半生を描いたもので、飛行機が重要なモチーフとなっているという点が『プレーンズ』と奇しくも(?)共通している。今年は飛行機アニメブームの到来かも!?【Movie Walker】