真田広之とヒュー・ジャックマンの2人の鬼気迫る対決シーン (C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

写真拡大

ハリウッドが今だかつてない本格的な日本ロケを敢行した、スーパー・ハイブリッド・アクション超大作『ウルヴァリン:SAMURAI』(9月13日日本公開)で真田広之とヒュー・ジャックマンの2人が対峙する場面写真が初めて公開された。

ワイルドな風貌に孤高の魂を宿し、あらゆる物質を切り裂くカギ爪と驚異的な治癒能力を備えたウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)は、『X-MEN』シリーズで絶大な人気を誇るキャラクターだ。世界中のファンが待ち望んだ最新作『ウルヴァリン:SAMURAI』の舞台となるのは、ウルヴァリンにとって未知なる東洋の異国、日本。

日本刀を構えた真田演じるシンゲンと、ヒュー演じる殺気を放つウルヴァリン。鬼気迫るワンシーンからは、この後の壮絶なバトルを予感させる。ハリウッドの大作映画が、世界に先駆けて宣材物を公開するのは極めて異例。ウルヴァリンにとって未知なる東洋の異国、日本を舞台にした本作だからこそ特別に実現した。

この究極の”和洋折衷”というべき画期的なビッグ・プロジェクトを率いた監督は、『ナイト&デイ』『17歳のカルテ』のジェームズ・マンゴールド。日本を代表する国際派スター、真田広之が矢志田の息子であるシンゲンに扮し、謎めいた存在感と気迫に満ちたアクションを披露する。さらにウルヴァリンと恋に落ちるマリコ役のTAO、ウルヴァリンを日本へと導くユキオ役の福島リラという日本人トップモデルふたりの鮮烈なスクリーン・デビューも見逃せない。

『ウルヴァリン:SAMURAI』
9月13日(金) TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
公式サイト:wolverine-samurai.jp
facebook:www.facebook.com/WolverineJP
twitter:@Wolverine_JPN
配給:20世紀フォックス映画
(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved【ハリウッドニュース編集部】