ウルヴァリン:SAMURAI

写真拡大

大ヒット・シリーズ『X-MEN』の大人気キャラクター・ウルヴァリンが現代の日本を訪れる超大作『ウルヴァリン:SAMURAI』。ハリウッドが今だかつてない本格的な日本ロケを敢行した本作が9月13日(金)に公開を迎えるが、全世界に先駆け、本作に出演する真田広之とヒュー・ジャックマンの二人が対峙する場面写真が初めて公開された。

日本刀を構えた真田演じるシンゲンと、ヒュー演じる殺気を放つウルヴァリン。鬼気迫るワンシーンからは、この後の壮絶なバトルを予感させる。実はハリウッドの大作映画が、世界に先駆けて宣材物を公開するのは極めて異例なこと。ウルヴァリンにとって未知なる東洋の国、日本を舞台にした本作だからこそ特別に実現したということだ。

カナダで隠遁生活を送っていたローガン(ウルヴァリン)が、ある因縁で結ばれた大物実業家・矢志田に請われて日本を訪れた。しかし再会後まもなく、重病に冒された矢志田は死去。ローガンはギャングに襲われた矢志田の孫娘マリコと恋に落ちる。しかし何者かの罠にはまって治癒能力を失い、心身に凄まじいダメージを負ったローガンは、初めて自らの"限りある命"を意識し、さらなる過酷な運命をたどっていく...。

『レ・ミゼラブル』の名演が記憶に新しいヒューにとって、ウルヴァリンは映画界でのキャリア初期に巡り合った最も思い入れの深い役柄。そのヒューが「このストーリーは過去のどの作品よりも、ウルヴァリンというキャラクターに迫った内容だ」と語る本作は、ウルヴァリンという最もタフで過激なヒーローの内なる葛藤を掘り下げ、心揺さぶるドラマとなるに違いない。

なお、本作では、日本を代表する国際派スター真田広之が矢志田の息子であるシンゲンを演じる他、ウルヴァリンと恋に落ちるマリコ役のTAO、ウルヴァリンを日本へと導くユキオ役の福島リラがスクリーンデビューを果たす。

映画『ウルヴァリン』は、9月13日(金)、TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
ヒュー・ジャックマン主演『ウルヴァリン:SAMURAI』日本完全オリジナルポスター解禁!
「脚本を読んで『え!? アレは俺なの!?』って思ったよ(笑)」 『リベンジ』出演中の真田広之にインタビュー!
『フォーリング・スカイズ』ダイ役 ピーター・シンコダにインタビュー!<2>