ポイント、キャラクターのライセンス展開スタート

写真拡大

 ポイントが、今秋を目処にキャラクターのライセンスビジネスを開始する。今後他のメーカー等に対して、2012年冬に登場したティーンズブランド「repipi armario(レピピアルマリオ)」のオリジナルキャラクター「レピ丸」を提案していく。

ポイントのキャラクタービジネスの画像を拡大

 「repipi armario」は従来から複数のキャラクターを使ったアパレルや雑貨類を展開しており、好調に店舗を拡大しているという。今秋以降は、他社で販売されるアパレルや雑貨類のほか、文具やスマートフォンアプリ、クレーンゲームの景品などに「レピ丸」を実験的にライセンス展開し、ブランドの枠を超えてキャラクターを発信していく。なお「レピ丸」のデザインは、日清食品チキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」を手掛けるplay set products(プレイセットプロダクツ)の中野シロウが担当した。

 ファッションブランドが提案するキャラクターはこれまでにも、トレンドに敏感な層をはじめ幅広く人気を集めている。最近では「Né-net(ネ・ネット)」の「にゃー」と熊本発「クマもん」のコラボレーションや、「w♥c(ダブルシー)」の「クマタン」がLINEスタンプに登場したことなどが話題になった。