103キロの恋愛カウンセラーに真麻、美玲が感激「生産性の高い相談ができた」

写真拡大

6月3日、都内で映画『100回泣くこと』女子会イベントが行われ、出演した桐谷美玲(23)が登壇、またゲストとしてフリーアナウンサーの高橋真麻(31)、“103キロの恋愛カウンセラー”として人気の羽林由鶴が登場した。

高橋は桐谷を前に「隣に並ぶことが本当に嫌なんですよね。絶対ネットで『桐谷美玲が高橋真麻を“公開処刑”』って書かれる」と話し、笑いを誘っていた。

女子会ということで、トークテーマは恋愛に。桐谷が「少女漫画が大好きで、よくキュンキュンしてます」と話すと、すかさず羽林が「あー、それはダメですよ。恋愛下手になってしまいます。高校生の恋愛止まり」と一言。すると、高橋と桐谷は「ええー!」と声をあげていた。

また、初恋のきっかけは“女性セブン”と話す高橋も「彼が釣りが大好きでかまってくれなくて、寂しい」と真剣相談。これに羽林は「一人一人の時間を認められることが、大人のカップルですよ」と高橋を諭した。これにも高橋と桐谷は感嘆の声をあげ、高橋は「今日は本当に生産性の高い話ができた」と感心しきりだった。

※映画『100回泣くこと』6月22日より全国ロードショー

(撮影/夛留見彩)