トヨタ、ハイブリッドカー「アクア」を一部改良して新仕様も設定

写真拡大

トヨタ自動車はこのほど、コンパクトクラスのハイブリッドカー「アクア」を一部改良するとともに、新仕様「G”ブラックソフトレザーセレクション”」を設定して発売した。価格は、既存のグレードが169万円〜186万円、G”ブラックソフトレザーセレクション”は194万円。

ブラックソフトレザーセレクションは、「G」グレードをベースにシックな室内空間を演出。ブラックの合成皮革シート表皮などの採用に加え、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム、コンライトをセットにしたスマートエントリーパッケージを標準設定している。

また、「L」グレードを除く全車に、スーパーUVカットガラス(フロントドア)、助手席バニティミラー付サンバイザーを標準装備して快適性を高めたほか、助手席オープントレイやドアスイッチベースのアクセントカラーを変更するなど、室内の質感を向上させている。

なお、福祉車両のウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。