道端でサンパギータ片手に客待ちをする少女たち。カメラを構えるとなぜか顔を隠したり、写りにくいように体を動かす。ジェーンは、自分たちが犯罪に関与していることを自覚しているからだという【撮影/志賀和民】

写真拡大

フィリピン在住17年。元・フィリピン退職庁(PRA)ジャパンデスクで、現在は「退職者のためのなんでも相談所」を運営する志賀さんのフィリピン・レポート。今回はフィリピンの路上で必ず目にする、花売りの少女たちの現実は……。

--------------------------------------------------------------------

少女から花を買うのはいけないこと?

 サウス・スーパー・ハイウエイとブエンディ通りの交差点近辺、あるいはマカティ・アベニューを夜半に車で通りかかるといつも、10歳前後の少女が車の窓ガラス越しに中を覗いて、手にしたサンパギータの首飾りを買って欲しいとねだる。

 サンパギータはフィリピンの国花で、小さな白い花をつけるジャスミンのこと。車の中に飾るとジャスミン独特の香りが広がる。こんな夜中まで花を売り歩かなければならない境遇を哀れんで、つい財布の紐が緩む。

 ところが先日、小銭がないのでタクシーの運転手に20ペソ(約50円)貸して欲しいと言ったら、拒否されてしまった。「花を買ってはいけない」とにべもない。

「かわいそうじゃないか」と言っても、「そんなことはない」と首を振る。何か納得できない思いで帰宅したが、後日、その理由を相棒のジェーンに教えてもらった。

 ジェーンが言うには、サンパギータを売っている少女たちはシンジケート(ヤクザ)に組み込まれていて、売り上げはすべてバックにいる黒幕のものになる。彼らは子どもたちを利用して、あくどい商売をしているのだ。

 夜中に車の窓を開ければ、近くにいる大人が間髪をいれずに車中に手を突っ込んで、引ったくりやホールドアップをするからきわめて危険だし、さらに、外国人がお金をばら撒くとこの商売を助長することになり、ますます多くの子どもたちが利用され、犠牲になる。「だから花を買ってはいけない」と、納得のいく説明をしてくれた。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)