北京の女子大生、ホテルでインド人に強姦される 犯行時間わずか6分―香港

写真拡大

香港の九龍・尖沙咀地区にある重慶大厦(チョンキンマンション)で2日、北京から旅行に来ていた女子大学生(21)が、インド人の男に強姦される事件が起きた。人民網が伝えた。
事件が起きたのは2日午前零時(現地時間)ごろ。女子大学生は共用のシャワールームを使用し、バスタオルを体に巻いて部屋に戻ったところを襲われた。犯行時間は約6分間。
一緒に旅行に来ていた同級生がシャワールームに行っている間の出来事だった。同級生が戻ってくると、部屋のベッドで泣いている被害者を発見、すぐに警察に通報した。
約5時間後、警察は監視カメラの映像から、インド人の男(26)を容疑者として逮捕した。男は「臨時身分証」を所持して数年前から香港に在住。同マンションに住み、配達員として働いていた。
(編集翻訳 小豆沢紀子)