あの「bills」の食事券も! 6月の人気株主優待はこれだ! 20万円以下で買える優待銘柄をピックアップ

写真拡大

20万円以内で買える注目の優待銘柄&新設銘柄をチェック!

 ここのところ、日本株全体が大きく乱高下している。だが、上がり過ぎて手が出しにくくなっていた優待銘柄が買いやすくなった、という捉え方もできるかもしれない。

 たとえば、6月の人気優待銘柄の代表格である日本マクドナルドHD(2702)。5月の頭には2937円の年初来高値を付けたが、5月27日の終値は2800円。投資金額で言うと29万3700円が28万円になるわけで、1万3700円も安く買えるということになる。

 もちろん、この先も調整局面が続くなどさまざまな可能性があり注意は必要だが、特に、優待狙いで長期保有を考えるならこの「チャンス」を上手に活用したいものだ。

 さて、安くなったと言っても日本マクドナルドHDの投資金額はやや高い…という人のために、【図表1】では、20万円以内で買える6月の注目優待銘柄(商品・飲食券編)をピックアップした。

 中にはキングジム(7962)や千趣会(8165)のように、10万円以内で買えて優待利回り+配当利回りが5%超という銘柄も。同じく利回りが高いチムニー(3178)は、今回から優待食事券のほかに、自社商品の詰め合わせも選べるようになり、使い勝手がアップしている。

 また、表には掲載していないが、ブロードバンドタワー(3776)やモーニングスター(4765)など、今回より優待導入という銘柄も複数ある。その中で注目なのは、サニーサイドアップ(2180)。優待では、自社運営のレストラン「bills」で、人気のリコッタパンケーキかオーガニックスクランブルエッグが無償提供される予定だ(投資金額は13万6200円、5月27日終値で計算、以下同)。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)