日本トイザらス、無料の「ベビーサイン体験教室」を全国80店舗以上で開催

写真拡大

玩具とベビー用品の総合専門店・日本トイザらスは6月2日〜28日、全国80店舗以上のトイザらス、ベビーザらスにおいて、特定非営利活動法人日本ベビーサイン協会の協力による「ベビーサイン体験教室」を開催する。

ベビーサインは、まだ言葉をうまく話せない赤ちゃんと、手話やジェスチャーを通じてコミュニケーションをとる育児法。赤ちゃんに手の動き(ベビーサイン)を使って話しかけることで、赤ちゃんは自分から手でおしゃべりできるようになり、泣いたり、ぐずったりしなくても、感情や欲求をママやパパに理解してもらえるようになるという。

「ベビーサイン体験教室」は、1歳半頃までの子供がいるママ・パパやプレママを対象として、日本ベビーサイン協会の認定講師が、ベビーサインの基礎知識やよく使うベビーサインの解説を行ない、親子のコミュニケーションや絆を深めていくためのイベントとなる。

同社では、2002年にベビー総合専門店「ベビーザらス」を国内初出店して以来、10年以上にわたり、「ベビーサイン体験教室」を継続的に開催。今回は、過去最多数となる全国80店舗以上で実施し、多くのママ、パパ、プレママに、簡単で効果的なコミュニケーション方法を紹介する、としている。

開催は、6月2日〜28日で、店舗により異なる。場所は、ベビーザらス店舗、トイザらス・ベビーザらス併設型店舗で、函館店、四日市店、大分店、八幡店は除く。開催時間は、11時〜 、13時〜、14時30分〜の各回で、店舗により異なる場合がある。1回30〜40分程度で、定員は各回10名〜15名。対象は、1歳半くらいまでの子供がいる親子、プレママ。会費は無料。予約は、各店舗にて直接問い合わせのこと。 定員になり次第終了となる。

なお、6月2日に「ベビーザらス 港北ニュータウン店」で開催する教室では、日本ベビーサイン協会初となる男性講師(ベビーサインパパアドバイザー)が担当する。