単位:%、セントルイスFRB

写真拡大

【今回のまとめ】
1.米国の長期金利は上昇している
2.金利上昇は米国の経済が回復していることを示唆する
3.非常時を想定した債券買い入れプログラムは終わらせるべき
4.今後、良い経済指標はプログラム終了が早まると解釈される
5.これから株式投資の難易度が上がる局面を迎える

米国の長期金利が上昇した理由とは?

 5月以降、米国の長期金利が上昇しています。

 上のグラフのように債券の利回りが上昇するということは、債券が売られていることを意味します。一般に債券は景気が悪いときに人気が出て、逆に景気が良くなると敬遠される傾向があります。

 過去1カ月間に渡る10年債利回りの着実な上昇は、したがって米国経済が本格回復してきていることを示唆しているといえます。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)