大阪府のホテルで紅茶のかき氷「かき紅茶」が登場 -”日本紅茶協会”認定店

写真拡大

大阪府大阪市北区のホテル阪急インターナショナルは3日、夏の新作スイーツとしてかき氷「かき紅茶」を発売する。

同商品は、従来の氷を削ってシロップをかけるタイプのかき氷ではなく、アールグレイ100%の氷をシャリシャリに削り、ゼリーやアイスクリームをトッピング。シンプルに紅茶味を楽しんだり、ミルクティー、ロシアンティー風に楽しんだりできる、新食感のかき氷スイーツとなる。

販売する店舗は、同ホテル2階の、日本紅茶協会認定”おいしい紅茶の店”、ティーラウンジ「パルテール」。提供期間は、6月3日から9月30日まで。1日30食限定となる。価格は1,200円。

昨年に引き続き、珈琲ゼリーと練乳、バニラアイスをトッピングした、オリジナルブレンドの珈琲100%による「かき珈琲」も同時販売する。