天丼てんや、「大江戸天丼」「冷やし穴子おろしそば」を限定発売

写真拡大

天丼てんやは6月6日〜7月18日、創業25周年を記念し、初夏の季節限定メニューとして、穴子シリーズ第3弾となる「大江戸天丼」「冷やし穴子おろしそば」を販売する。

また、「夏限定『枝豆とかき揚げ付生ビールセット』」も登場する。

「大江戸天丼」は、この時期限定の食材「一本穴子」と、定番・人気の「海老」「大イカ」の揚げたての天ぷらを特製のたれにくぐらせた”どぶづけ”天丼。

水揚げ後も長時間鮮度と味を保つ「活〆」手法でさばかれた穴子に衣の花を咲かせ、揚げ時間をやや長めにする調理方法で一本揚げに仕上げた。価格は、みそ汁付きで730円。半熟玉子・みそ汁付きが790円。お新香付きの「大江戸天丼弁当」は730円。

「冷やし穴子おろしそば」は、一本揚げ穴子、なす、いんげんの天ぷらに加え、ほうれん草、焼き海苔、大根おろし、わさびを添えたさっぱりした味わい。気温の上がるこれからの時期にも、あっさりと食べられるという。同店初登場のぶっかけによく合う、濃厚で甘口な出汁つゆも特徴となっている。価格は、720円。

また、ビールによく合う枝豆を一緒に楽しめる「夏限定『枝豆とかき揚げ付生ビールセット』」も同時販売。「貝柱」「イカ」「生姜」のかき揚げに、枝豆を添え、生ビール(または日本酒)とセットで提供する。価格は、580円。