セブン銀行、富士山麓の清掃活動などを支援「環境NPO団体応援クリック募金」

写真拡大

セブン銀行は6月1日から、「環境NPO団体応援クリック募金」を、6月30日までの1カ月間実施している。

セブン銀行では、地球環境保全の重要性を認識し、自社の事業活動における省エネや省資源のほか、ATMの環境性能向上を通じて社会に与える環境負荷低減に努めており、従業員も各種の環境保全活動に積極的に参加している。

従業員の参加による環境保全活動の取り組みとして、2008年度より富士山麓で自然体験プログラムによる環境学習や清掃活動などの「ボノロンの森環境活動」を行っている。この活動はネイチャーガイドと富士山のふもとの森を散策した後、近くの国有林で清掃活動を行うというもの。

「自然の魅力を感じる」「自然について学ぶ」「自然を保全する」という3つのプログラムを通じて、自然を慈しみ、大切にしたいという心を育むことを目的として実施している。

セブン銀行では、6月の環境月間にちなみ、この活動を同社ホームページで紹介するとともに、この活動で協働しているNPO法人ホールアース研究所とNPO法人富士山クラブへの寄付を行うためのクリック募金を行う。

クリック募金の内容は、同社の行っているボノロンの森環境活動の紹介を行い、顧客にクリックという形で応援してもらい、期間中のクリック数に応じて、1クリックあたり1円を同社から上記団体へ寄付する。

同社では、こうした取り組みを通じて、社会とのコミュニケーションを密にし、積極的に社会貢献活動に取り組みを行っている。

実施期間6月1日(土)〜30日(日)

内容同社ホームページの特設ページ内の「募金に協力するボタン」1クリックにつき、セブン銀行より1円を環境NPO団体に寄付を行う

寄付先NPO法人ホールアース研究所(ホールアース自然学校)、NPO法人富士山クラブ

贈呈式9月29日(日)第6回ボノロンの森環境活動の際に目録を贈呈(予定)