赤ちゃんの歯みがき中の事故防止に”乳歯ブラシ専用カバー”発売 -コンビ

写真拡大

コンビは6月上旬より、赤ちゃんの口腔ケアのための「teteo(テテオ)」シリーズから、歯みがき中の万が一の事故に配慮した乳歯ブラシ専用カバー「じぶんでみがけた」をベビー用品専門店、ドラッグストア、百貨店などで販売する。

昨今、消費者庁や日本小児歯科学会より注意喚起がなされるなど、乳幼児の歯ブラシによる歯みがき中の事故が問題視されているという。同社が行った子育て中の人へのアンケートでも、約74.2%のママが「歯ブラシをくわえたまま歩きまわる・走る・遊ぶ」ことに困っているということがわかったという。

同商品はこのようなママの懸念に配慮し、のどに突きしにくいプレートがある設計とした。また、芽生えはじめた「自分でやりたい!」という気持ちを応援する握りやすさに配慮した形状や、奥歯まで届く長さのブラシでしっかり磨けるようになっているという。対象月齢は10か月頃〜36か月。

専用カバーはそのままで、別売りの専用ブラシ(テテオはじめて歯みがき乳歯ブラシSTEP2、STEP3)を交換して使える、経済的な仕様となっている。「テテオ じぶんでみがけた 乳歯ブラシSTEP2セット」は、価格は998円。専用カバー本体は、819円。