スティーヴン・ソダーバーグ

写真拡大

元高校教師がドラッグを精製する衝撃的なドラマ『ブレイキング・バッド』。アメリカでは8月から最終シーズンの前半となる8話が放送され、残りのエピソードは来年に放送される。そして、このドラマのファンである映画監督スティーヴン・ソダーバーグが、『ブレイキング・バッド』の最終2話は映画として作るべきだと提案している。

米Empireによると、ソダーバーグは「TVで最後の2話まで放送して、続きは映画館で観るのは、とても面白いと思うよ。宣伝も"シーズン最終話は映画館で!"としてね。そして映画館で上映するのは1週間だけ。TVと映画をつなげるドラマというのは、今までにないからね。また、ファンが集まって映画を鑑賞するイベントも開催すればいい」と話した。

『ブレイキング・バッド』はスピンオフ製作の計画も進んでいる。映画版が製作されるかは不明だが、それならソダーバーグ監督によるエピソードを見てみたいが...。最終シーズンも盛り上がりを見せた同シリーズ。どのようなエンディングを飾るのか、来年まで待ち遠しい。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『CHUCK/チャック』の映画化を熱望するザッカリー・リーヴァイ、「『ヴェロニカ・マーズ』にあやかりたい」
あの"機関部長"も登場! 『スター・トレック』ファンイベント「ST45ファンイベント ミッション2012」開催!
『glee』フラッシュモブ&ステージイベントinお台場