「That was close.(それは近かった)」って?【知っているとちょっとカッコいい英語のコネタ】

写真拡大

「That was close.」は直訳すれば「それは近かった」となりますが、いろいろな場面で使える便利なフレーズです。「もう少しでそうなりそうだったが、危ういところで大丈夫だった」と理解すればよいでしょう。例えば、危うく車をぶつけそうになったけれども何とか避けられたとき、あるいは株で大損をしそうになって危ういところで回避したとき……。強いて日本語に訳すなら、「ぎりぎりセーフ」といったところでしょうか。