「ルームメイト」で初共演する北川景子(左)と深田恭子

写真拡大

女優の北川景子深田恭子が、古澤健監督の新作ホラー「ルームメイト」で初共演を果たすことが分かった。人気と実力を兼ね備えたふたりが、女性の心の奥底に潜む極限レベルの心理劇に体当たりで挑む。

今春に死去した今邑彩さんが、1997年に発表した同名作が原案。今邑さんの作品は、1990年代から立て続けにドラマ化されているが、映画化は初めてとなる。テーマは、憧れのライフスタイルとして近年20代を中心に急増しているルームシェア。主人公の萩原春海が、ルームメイト・西村麗子の奇妙な行動をきっかけに次々と不可解な事件を目の当たりにする。やがて事態は殺人事件にまで発展。身の危険を感じた晴海の前に現れたのは、麗子の姿をしたマリと名乗る全くの別人だったという設定だ。

北川が扮する春海は、交通事故で入院中に意気投合した看護士・麗子と退院後にルームシェアを始めるという役どころ。初めて脚本を読んだときは衝撃を受けたそうで、「自分が台本を読んだときに最初に感じたその衝撃を、映画をご覧になったみなさんにもお伝えしたい。その衝撃を伝えるために、春海というキャラクターを通して演じていかなければならないなと感じました」と意気込む。初対峙となる深田に対しては、「ふだんは穏やかで柔らかい印象の方なのですが、役を演じ分けるのが素晴らしく、私はそれに一生懸命ついていくだけです」と“共闘”を誓った。

一方の深田も、脚本を読んだときのことを「最後までどういう展開になるのか想像がつかず、そのとき感じた高揚感を作品の中でも存分に出せたらいいなと思いました」と述懐。だからこそ、「非常に難しい役柄ではありますが、ご覧いただく方々をだませるよう、監督と相談しながら、楽しみながら、この役を演じたいです」と並々ならぬ意欲をみなぎらせている。

脚本を兼ねる古澤監督は、ふたりについて「まるでこれまでも長い時間一緒に過ごしてきた姉妹であるかのように表現してくれています」と手ごたえを実感している様子。さらに、「目に見える芝居の部分が素晴らしいのはもちろん、目に見えない深い部分、物語の底に伏流する魂の触れ合いと葛藤(かっとう)をひりひりと感じさせてくれるふたりですね」と絶賛し、「撮影前も撮影中も、キャラクターたちの履歴や深層心理についてディスカッションしていますが、そこで知的な興奮を覚えることも現場での大きな喜びです」とコメントを寄せた。

都内近郊で行われている撮影は、5月9日にクランクインし、6月中にクランクアップ予定。

「ルームメイト」は、今秋に全国で公開。

■関連記事
北川景子、デビュー10周年で初写真集発売 Facebookページで撮影地情報も発信
北川景子&錦戸亮、氷点下の網走で“熱々”ラブストーリー
櫻井翔&北川景子コンビ復活!「謎解きはディナーのあとで」映画化決定
深田恭子、赤ジャージで白馬に 「偉大なる、しゅららぼん」グレート清子役
“熱血女子”深田恭子&“ダジャレ女子”佐々木希ら、空の安全守る!