ルーキーながらシーズン2勝目を達成した比嘉真美子(撮影:ALBA)

写真拡大

<リゾートトラストレディス 最終日◇2日◇関西ゴルフ倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 兵庫県にある関西ゴルフ倶楽部を舞台に開催された「リゾートトラストレディス」の最終日。前半から多くの選手がバーディラッシュをかけ、稀に見る大混戦となった今大会を制したのは弱冠19歳の比嘉真美子。2日目からの首位を守りきる逃げ切り優勝でシーズン2勝目を挙げた。
LIVE写真館で「リゾートトラストレディス」を振り返る!
 比嘉はスタートの1番でボギー発進としてしまうが、動揺することなく続く2番パー5でバーディを奪い返す。また前半の最終9番でもボギーとするが、10番で再度バーディ、ルーキーながらボギーを全く引きずらない気持ちの強さを見せ付けた。
 後半に入り、服部真夕、森田理香子、横峯さくらなど実力者が上位に上がり接戦となっていることを確認した比嘉は「緊張が増した」と話していたが、それを全く感じさせないプレーを披露。12番パー4でセカンドを1.5メートルにつけバーディとし首位に並びかけると、15番で今度はセカンドは1.5メートルにつけるスーパーショット、この時点で単独首位に浮上した。
 「上がり3ホールは簡単にバーディが出るようなホールではないので、首位にいることを確信した」と自らの位置を直感的に感じ取った比嘉は上がり3ホールで危なげなくパーを重ね、実力者がひしめくシーソーゲームを逃げ切った。
 ラウンド後、苦しい1日を耐え切った比嘉は「やっと終わった」と安堵の笑顔を見せた。初の最終日最終組、そして実力者が次々に浮上してくる厳しい状況はすでに初優勝を挙げているとはいえ、ルーキーである比嘉には非常に苦しいものだったようだ。しかし、そんな中でも2日目に話したような落ち着いた“大人のゴルフ”を貫き、見事に逃げ切ったその心の強さは女子ツアーの次代を担うスター候補としての貫禄すら感じさせるものだった。
 そんな比嘉がひそかに目標にしていることがある。「「これまでの実績を含めて私は足元にも及ばないですけど、“男子は松山、女子は比嘉”って言われるようになりたいんです」今季男子ツアーでルーキーながらめざましい活躍を見せる松山英樹。アマチャア時代から共に試合に出たこともある比嘉はゴルファーとして自然と意識するところがあったようだ。
 比嘉は今大会で賞金ランク5位に浮上。目標とする「全英リコー女子オープン」の出場にも大きく前進した。「全英の出場権は絶対つかんで、自分の実力を試したいです」さらなる高みを目指し、そして女子ツアーの“怪物ルーキー”となるべく比嘉は歩みを進めていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉真美子、“大人のゴルフ”で急浮上!首位タイで最終日へ
木戸愛、2日連続ノーボギーで首位タイに浮上!「昨日と同じいい1日でした」
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング