<ダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇2日◇大洗ゴルフ倶楽部(7,190ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ」の最終日。通算8アンダー首位タイからスタートした松山英樹が、4バーディ3ボギーの“71”をマーク、今季早くも2勝目を挙げた。通算7アンダー2位タイにはキム・ヒョンソン、ブラッド・ケネディ、S・J・パクの3人、通算6アンダー単独5位には谷口徹がつけた。さらに通算5アンダー6位タイには片山晋呉、小平智、中嶋常幸の3人が続く。
 首位スタートの松山は、前半3バーディ2ボギーと1つ伸ばして折り返す。後半は1バーディ1ボギーと一進一退だったが何とか逃げ切り、優勝を挙げた。
 
 もう一人の首位スタートの中嶋は、前半粘ってスコアをキープしていたが、終盤にスコアを崩し優勝争いから転落してしまう。中嶋は通算5アンダー6位タイでホールアウトした。
【最終結果】
優勝:松山英樹(-9)
2位T:キム・ヒョンソン(-7)
2位T:ブラッド・ケネディ(-7)
2位T:S・J・パク(-7)
5位:谷口徹(-6)
6位T:片山晋呉(-5)
6位T:小平智(-5)
6位T:中嶋常幸(-5)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
中嶋常幸、史上最年長ツアー優勝へ!松山と最終日最終組
松山英樹の1打速報で試合を振り返る!
ALBAnetのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング