[シネママニエラ] 新連載【映画ミューズ写真】の第2回は、ボンドガールのオルガ・キュリレンコ[Olga Kurylenko]。さきごろトム・クルーズ主演のSF映画『オブリビオン』のプロモーションで、映画『007/慰めの報酬』以来約4年半ぶりに2度目の来日となった。

【オルガ語録】「
This,too, shall pass away(これもまた過ぎ去るもの)


オルガ語録の出典は、ユダヤ教の経典注釈書にあるダビデの指輪より。喜びも苦しみもいつかは過ぎ去るものという彼女の人生観が伺える。完璧美の女優ということで、素顔はツンとすました感じかと思われるかもしれないが、ナチュラル・ビューティとは彼女のためにある言葉のよう。ウクライナで生まれ、10代でフランスに渡りモデルとして活躍。ボンドガールということに加え、『オブリビオン』にてトム・クルーズの相手役を務めたことでも広く認知されることだろう。さらに、本年はテレンス・マリック監督の『トゥ・ザ・ワンダー』の公開も控えている。

オルガ・キュリレンコ[Olga Kurylenko]




【関連記事】
トム・クルーズ「人生は驚きに満ちている」と余裕の笑み!
トム・クルーズ、本年2度目の来日!沖縄バカンスから羽田へ
映画『オブリビオン』予告編

原題=OBLIVION
日本公開=2013年5月31日
配給=東宝東和
公式サイト=http://oblivion-movie.jp/
c2013 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.


――最新の「映画ミューズ写真」記事はこちら