「中学生円山」と「幽かな彼女」がコラボ

写真拡大

「SMAP」の草なぎ剛が6月2日、都内の劇場で主演最新作「中学生円山」(宮藤官九郎監督)の大ヒット御礼舞台挨拶に立った。中学生の妄想をテーマにした本作にちなみ、同グループの香取慎吾が主演を務めるドラマ「幽かな彼女」から森本慎太郎、神宮寺勇太、森迫永依、山本舞香、柴田杏花ら生徒役キャスト10人が登場し、草なぎによる特別公開授業が行われた。

現代の中学校が抱える問題をコミカルに描いた「幽かな彼女」とのコラボレーション企画。「中学生円山」を見たという森本は、「妄想ってもっとカワイイ妄想かと思っていた(笑)。結構きつい妄想があったけど、見ているうちに途中から応援したくなっちゃった」と共感。草なぎからあこがれの先輩を聞かれ、「滝沢秀明くんと木村拓哉さん。何でもできるので尊敬している」と答えると、草なぎから「剛くんは!?」と切り込まれ、「草なぎさん出演の映画からもたくさん勉強させてもらっている」と“模範解答”でうまくその場を収めていた。

現在高校1年生の山本は、「中学生の男子ってああいうこと考えているんだなって、ちょっと引きましたね」と正直な感想。中学2年生の柴田は、「やっていることはくだらないけど応援したくなっちゃって、自然と感動してくる」と話し、草なぎも満足げだった。

草なぎは「幽かな彼女」を毎週見ているそうで、「いじめ問題などもオバケをからめて真正面からストーリーに取り入れているのが素晴らしい」と絶賛。生徒たちからは芝居に関するさまざまな質問が寄せられ、「カメラの前に立ってうまくやらなくていい。極端なことを言うと、セリフなんか覚えなくていい。無理に芝居をするんじゃなくて、自分の中にいる芝居の神様に芝居をさせる。高倉健さんもそう言っていた。素直な自分を出せばいいの」と優しくアドバイスし、生徒たちは真剣に耳を傾けていた。

■関連記事
宮藤官九郎、「中学生円山」に絶対の自信!ヒットすれば、高校生円山も?
【インタビュー】宮藤官九郎監督と遠藤賢司が行き着いた作品づくりの境地
草なぎ剛、中学生に“妄想のススメ”
宮藤官九郎、「中学生円山」完成を前にネタばらし
生田斗真「土竜の唄」映画化主演で潜入捜査官に 三池監督×クドカンと強力タッグ