独立や起業、副業など、会社にしがみつかない働き方には、当然会社という後ろ盾がない。

全国の女性経営者ネットワーク「女性社長.net」を運営する横田響子氏は、自身の起業体験も踏まえてこう説明する。

「起業するには、商品やサービスの専門性か、自分自身のキャラクターかのどちらかが必要となります。人が何かを発注・注文するときは、その商品やサービスが欲しいか、その人と付き合いたいかのどちらかしかないと思うのです。とくに小規模で事業を始める場合には、社長の顔が会社そのものと見られることも多いので、自分が『愛されキャラ』になることは重要です」

そのためには、「セルフブランディング」が鍵となる。

社会保険労務士の大島祐美子氏は、「社労士の仕事は、入退社手続きや給与計算など、人によって結果が異ならないものも多い。価格競争に巻き込まれることなく、この人に任せようと思ってもらうには、差別化が必要だと思っています」と言う。

議員秘書をしていた大島氏は、議員が選挙用に使う名刺を参考に、自分の売り、主張、プロフィールがぎっしり詰まった名刺を使っている。そこには社会保険労務士だけでなく、「産業カウンセラー」とある。「自分自身のブランドが確立されるまでは、一般的なわかりやすさが必要だと思います。私は相手の話を聞くことを大事にしていますが、そう書くだけでは伝わらない。だから産業カウンセラーの資格をとりました」。

事業ブランドを浸透させたうえで、「勉強法に詳しい人」というセルフブランドを持つようにしていると言うのはKIYOラーニングの綾部貴淑氏。

そのために心がけているのは、積極的に情報を発信することだ。

「HPやブログを活用して無料で勉強法に関する情報を出しています。市場で、一番有益な情報を出せる人になることが理想です」。

宗像淳氏(Zen Startup)も、自社のブログで自分がビジネスを展開する分野の海外情報を紹介している。

「ニッチトップという言葉があるのですが、何かしらの分野で一番を目指すことは、企業のブランディングにおいても、個人のブランディングにおいても重要だと思っています。僕の場合は、海外のウェブサービスの情報収集では常にトップでありたいと思っています」

セルフブランディングのもう1つのポイント、自分のキャラクターの出し方についても横田氏からアドバイスがある。

「私が独立して最初のビジネスは、家の近所の喫茶店の方の紹介でした。『あんたが会いたいのなら紹介してあげてもいいよ』というような関係性ができていたんだと思います。そういう、素で接する人間関係が重要だと思います。とくに男性サラリーマンは、肩書や名刺やスーツに守られていて、社名しか印象に残らず、その人自身が見えない。あれはまるでモビルスーツです(笑)。脱いだほうがいいですね」

大島氏は「HPは堅めの文章で書く一方、ツイッターでは会ったことがない人にも自分の性格や雰囲気を伝えて、合いそうかどうか判断しやすいようにしている」と、ツールを使い分けている。ただし、フェイスブックやミクシィも含めて、「疲れた」「体調が悪い」などクライアントを不安にさせるようなネガティブな書き込みはしないようにしているという。

自分のキャラクターや想いをはっきりと出していけば、自然と人も集まる。

「プロジェクトを始めたり、知恵を借りたいときに、普通はまず自分の周辺にマッチする人がいるかどうかを考えると思います。セルフブランディングをはっきりさせていれば、それだけマッチする可能性も高まるので、チャンスが広がります。私は自分の目指したいこと、いまはどの段階にいるのかなどを語るようにしています。『この人とつながると何かが始まる』といったワクワク感を抱いてくれたら嬉しいですね」とはPrivate Cafe Cozzyの佐々木ユウコ氏。

横田氏によれば、自分ができることを、具体的に、わかりやすく表明することからセルフブランディングは始まるという。

「コツは、噛み砕いて説明することです。たとえば『私はイベントができます』といったときに、10人のイベントなのか、1000人規模のイベントなのか、台本まで書けるのか。そうしないと、周りもお願いしにくい。『手品で100人を30分惹きつけられます』でもいい。人とつながる切り口をうまくつくることが、セルフブランディングのポイントだと思います」

(野上勇人=文 向井 渉=撮影)