サーフとアイビーのアート展 ビームス+で開催

写真拡大

 サーフィンとアイビールックを融合させたアートエキジビション「THE SURF IVY(ザ サーフ アイビー)」が、ビームス プラス 丸の内店で開催される。サーフアーティスト豊田弘治氏(パーム グラフィックス)が、今展のために製作したアートピースやサーフボード等を展示・販売。会期は、6月7日から23日までの17日間が予定されている。

アイビー×サーフのエキシビジョンの画像を拡大

 THE SURF IVYは、規則正しい「IVY」と自由で開放的な「SURF」、対極のスタイルが一つになったデザインが特徴のアートエキシビジョン。サーフィンからインスパイアされた気持ちやメッセージをアートで表現するサーフアートの第一人者である豊田氏の作品と、「永年着られる飽きのこない本物の男服」がコンセプトの「BEAMS PLUS(ビームス プラス)」の世界観がコラボレートしたファッションプロジェクトとして開催され、キービジュアルにはローファーをサーフボード代わりにサーフィンをする人物が描かれている。会場では、豊田氏がエキシビジョンのために製作したアートワークや、オールハンドペイントで仕上げたスニーカーなどを展示。コインローファーやレジメンタルのタイ、ボストン型の眼鏡などに「サーフィン」の視点を取り入れた「パーム グラフィックス」ならではのコレクションとともに販売される。