茨城県フラワーパークの大温室で「バラに囲まれた結婚式」を初開催

写真拡大

茨城県フラワーパーク(茨城県石岡市)は5月26日、リニューアルした大温室において、初めての開催となる「バラに囲まれた結婚式」を公開した。

同園は、650品種、3万株のバラが咲き誇る東日本最大級といわれるバラのテーマパーク。現在施設は、来年度の完成を目指してリニューアルが進められており、施設のシンボルである大温室が熱帯植物園から「花いっぱいの多目的ホール」(仮称)に生まれ変わった。5月25日〜6月23日の間、同園では「バラまつり」が行われており、一年で最も華やかなときだという。

初めての試みとなる「バラに囲まれた結婚式」は、今年2月から挙式希望者を公募し、この日一組目のカップルの結婚式が列席者42名(新郎新婦含む)、一般入園見学者220名、一般フラワーシャワー30名(会場外)にて行われた。新郎新婦が「バラに囲まれた結婚式」を選んだ理由は「なかなか体験できない場所だったのでぜひやってみたいと思った」からだという。

同園では挙式希望者の募集は期間を定めず継続して実施しており、9月28日〜11月10日の秋のバラまつりに向け、さらにアピールしてきたいとしている。