青山にレクサスの巨大トリックアート出現

写真拡大

 「LEXUS(レクサス)」が6月1日、トリックアートを用いた「LEXUS AMAZING SPOT @ AOYAMA」を東京・青山でスタートした。表参道駅付近に巨大なボックスを設置。青山通りのある地点から見ると、ボックスからコンセプトカー「LF-LC」が飛び出て見えるという。

青山にレクサスの仕掛けアートの画像を拡大

 「LEXUS」は今年の夏、ブランドが考えるライフスタイルを様々な形で体験できるスペース「INTERSECT BY LEXUS」を青山に開設する予定。デザインはWonderwall Inc.の代表でインテリアデザイナーの片山正通氏が手掛け、日本の匠ブランド14社とコラボレートしたアイテムなどが展開される。

 現在はオープンに先駆けて、「期待を超える驚きと感動を提供し続ける」というビジョンを「AMAZING IN MOTION」のスローガンに込めたキャンペーンを世界的に実施しており、今回は青山通り沿いに高さ約8メートル、横幅約20メートルの巨大なボックスを設置。人の目の錯覚を利用して平面画を立体的に見せるトリックアートの技法により、人々に「Amazing(=驚き)」を与える。青山でAMAZING SPOTを探してみてはいかがだろうか。

■ボックス設置場所
 東京都港区南青山5-1-25 北村ビル