火星一往復で飛行士引退の被曝量

ざっくり言うと

  • 地球と火星の往復で許容限度を超える宇宙放射線を浴びる可能性があるとNASAが発表
  • 1年かけて往復したとすると、660ミリ・シーベルト前後の放射線を浴びるという
  • 火星まで1度往復すれば、飛行士を引退することになる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング