トークショーを行った三木聡監督と宇野常寛氏

写真拡大

アイドルグループ「KAT-TUN」の亀梨和也を主演に迎えた最新作「俺俺」が公開中の三木聡監督が6月1日、都内の劇場で評論家の宇野常寛氏とトークイベントを行った。

「ミリタリーマニアの俺」「巨乳の俺」「全身タトゥの俺」など、亀梨が33のキャラクターを演じ分けたことで話題を集める本作。三木監督は、亀梨の“フィジカル”にも感心しきりで「とにかく着替えのスピードも速いし、着替えから戻ってくる時にはすでにキャラクターを変えてくる。同じように見えて、均、大樹、ナオの姿勢は微妙に変えている。“ただやる”ということができる人間」と信頼を置いていた。

オタク系文化をはじめ、サブカルチャーやポップカルチャーに造詣の深い宇野氏は、「周囲の人間をキャラクターとして扱うのがソーシャルメディア。友達の数や『いいね!』の数で、現実の人間関係において見えないものを見えるようにする。そういった生活環境やコミュニケーション環境を批評することを武器として使っているのが『俺俺』では」と指摘。また、「キャラクターは周りにいじられて本領を発揮する。亀梨君の“キャラクターぶり”がプラスに働いた」と評した。

さらに、「ひとことで言うと本作は三木さんの第3ステージ。第1ステージは、『シティボーイズ』的なクスクス笑いをどうフィルムに置き換えていくか。『転々』から『熱海の捜査官』あたりまでの第2ステージは、自己研究、自己批評していくターンだった。そして第3ステージの『俺俺』は、今もっている手法で現代をどう表現していくかということだったと思う」と論じ、三木監督も「まさに」と深くうなずいていた。

平凡な青年・永野均(亀梨)がなりゆきで手を出したオレオレ詐欺をきっかけに、自分の知らない「俺」が増殖し、やがて「俺」同士が互いを削除しあうという異色サスペンス。原作は、大江健三郎賞を受賞した星野智幸の同名小説。

■関連記事
【インタビュー】パブリックイメージと“俺”の狭間で切り開いた俳優・亀梨和也の第2章
【特別予告動画】「俺俺」
亀梨和也「俺俺」での“33のミッション”クリア!露での公開も決定し「33カ国目指す」と強気
亀梨和也、主演作「俺俺」のイタリア上映に「超ビビった」
加瀬亮、「俺俺」で“九一”分けヘアーを披露