2日目に“66”をマークして7位タイに急浮上した森田理香子(撮影:ALBA)

写真拡大

<リゾートトラストレディス 2日目◇1日◇関西ゴルフ倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 兵庫県にある関西ゴルフ倶楽部を舞台に開催中の「リゾートトラストレディス」の2日目。初日2オーバーの72位タイと大きく出遅れた森田理香子が2日目のベストスコアタイとなる“66”をマーク。トータル4アンダーまでスコアを戻し順位も一気に7位タイに浮上した。
「リゾートトラストレディス」LIVE写真館でチェック!
 先週の「中京レディス」から2週連続優勝を目指して大会に入っていった森田。しかし蓋を開けてみれば首位と8打差の72位タイ、予選落ちすら意識するスタートとなった。気持ちを切り替えて臨んだ2日目はスタートホールでバーディを奪ったものの、12番で3パットのボギー。初日の嫌な流れが頭をよぎったが、続く13番でバーディを奪ったことで悪いイメージを払拭。後半に入ってからはショットも安定し快調にバーディを重ねていった。
 「昨日よりは良いゴルフができました」とラウンド後、淡々と話した森田。森田はスイングをさらに綺麗なものにするため新たな課題に取り組んでいる。初日はそれが上手くできず出遅れの要因となったが、2日目にはそれがビッグスコアという結果につながった。「思ったことはすぐにやりたい性格ですし、今は(賞金ランクが)上にいるから試すことができます。早く自分のものにしたいですね」と試合の中で新たな進化を目指している。
 結果的には最終日を迎えるに当たって首位とは3打差、2週連続優勝も十分視野に入る位置だ。森田自身は明日も新しい取り組みを実践していくと話しているが、2日目のようにそれがピタリとはまれば再びビッグスコアをマークするかもしれない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、2オーバー72位タイと大きく出遅れ「悪いのが全部出た」
木戸愛、2日連続ノーボギーで首位タイに浮上!「昨日と同じいい1日でした」
最新マッスルバック、どんな人に向いてる?
最新のゴルフギア情報をまとめてチェック!
各ツアー賞金ランキング