リドリー・スコット監督、いったいどんな続編を思い描いているのでしょうか?
 - Fotos International / Getty Images

写真拡大

 巨匠リドリー・スコット監督が企画している映画『ブレードランナー』続編に、映画『グリーン・ランタン』の脚本家であるマイケル・グリーンが参加するかもしれない。同作の脚本には、オリジナルと同じくハンプトン・ファンチャーが参加することが報じられている。

 The Hollywood Reporterによると、マイケルは現在交渉中とのこと。すでに同作脚本の草稿には、オリジナル版脚本家のハンプトン・ファンチャーが着手しており、契約がまとまれば、マイケルはそれを基に脚本を仕上げることになる。マイケルは『グリーン・ランタン』のほか、アメコミ「ファンタスティック・フォー」のリブート映画化にも関わっている。

 『ブレードランナー』は、『エイリアン』などで知られるリドリー・スコット監督が1982年に発表したSF映画。続編についてスコット監督は女性が主人公になることを明言しているほか、前作主演のハリソン・フォードが出演する可能性も示唆している。続編の舞台は、前作の数年後になるとされている。(編集部・福田麗)