イギリス国王が入場できない場所がある、ロンドンの世界遺産と言えば?

写真拡大

2012年にオリンピックの会場となったロンドン、この街を代表する世界遺産と言えばウェストミンスター宮殿だ。1529年まではイギリス王室の宮殿だったが、 1547年から国会議事堂として使用されている。

17世紀にはこの地で清教徒革命が勃発。 内戦で国王軍は敗れ、チャールズ1世は処刑された。以来、現在でもイギリス国王は下院議場への立ち入りを許されていない。

2011年のロイヤルウェディングで注目を浴びたウェストミンスター・アビーは、イギリス王室にとって最も神聖な場所のひとつ。 歴代のほとんどの国王がここで戴冠式を行っており、中世以降の国王の埋葬場所ともなっている。

セント・マーガレット教会は一般信者が礼拝するために建設されたもので、 17世紀の詩人ミルトンや、 20世紀の首相ウィンストン・チャーチルなど、 著名人が結婚式を挙げた場所としても有名。

11世紀半ばに建てられた3つの建造物は、イギリスにおけるゴシック建築の傑作であるとともに、 絶対的なイギリス王権を象徴する建造物群としても貴重なものとなっている。