ウェットスーツに身を包むジェラルド・バトラー (C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation and Walden Media, LLC. All Rights Reserved. 

写真拡大

『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』(6月15日日本公開)に出演するジェラルド・バトラー。今回バトラーは、22歳で短い生涯を閉じた天才サーファー、ジェイ・モリアリティの師として彼を導いたベテラン・サーファー、フロスティ・ヘッソンを演じている。

今回バトラーは、サーファーの役作りのためにパドリング(ボードの上で腹ばいになり、両腕でこぎ海面を進むこと)によって筋肉を鍛え上げたそうだ。彼は、「持久力をつけるために、とにかくひたすらパドリングの練習を重ねたよ。ボードに膝座りしたまま腕をパドルのようにして漕ぐわけだけど、キツイ姿勢だから初めは50メートルも行けば腰が痛くなってギブアップ、って感じだった。でも最後には何キロもの距離をパドリングで進めるまでになったよ。来る日も来る日も、海に入ってパドリングやサーフィンを猛特訓したんだ」と厳しいトレーニングを明かした。

また、精神面での準備について聞かれると、「演じるのがどんな役柄であれ、肉体的なトレーニングを通して精神面での準備をするのが、僕のやり方なんだ。役を演じるのに必要なスタミナや自信、根性といったものは、肉体的訓練によって自然に備わると信じているからね、今回も大波を何度も乗りこなすことで徐々に自信がついて、冷静な心構えで演技に臨むことが出来たよ」と語り、精神面の重要性も強調した。

最後に、この映画を通して観客に伝えたいメッセージについて、「この映画を見た人たちが、山登りであれサーフィンであれ、はたまた車の運転であれ、好きなことに全力でぶつかって、めいっぱい生きてやろう、って気持ちになってくれたら嬉しいね」と語った。

『マーヴェリックス/波に魅せられた男たち』
6月15日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷・シネリーブル池袋ほか全国ロードショー
(C) 2013 Twentieth Century Fox Film Corporation and Walden Media, LLC. All Rights Reserved. 【ハリウッドニュース編集部】