Private Cafe Cozzy 佐々木ユウコ氏

写真拡大

入り口で靴を脱いでスリッパに履き替える。フローリングの床とソファ、サイドテーブルには手づくりのアクセサリー。Private Cafe Cozzyは、まるで友達の家のような雰囲気で客を迎えてくれる。

「自分が欲しかった場所をつくった。それがこのお店です」とオーナーの佐々木ユウコは話す。2年前までは楽天に勤めて、人材育成などを担当していた佐々木がカフェを開店したのは、ちょっとしたきっかけだった。

「そろそろインターネットの世界から離れてリアルに戻ろうと思っていたんです。リアルに戻るなら接客業をやりたかった。そんなときに普通のコストよりも安く開店できる場所が、家の目の前で空いた。この波に乗っちゃおう、と」

11年2月に決めて、2カ月後にはオープンした。突然の転身にも思えるが、気持ちの準備はずっとしていた。

「もともと、10年単位で自分の生き方を考えたいという気持ちがあったんです。2009年に50歳になって、定年までの10年を考えたときに、何か別のことをしたいと思いました。会社が大きくなって、意思決定のスピードが遅くなり、仕事に閉塞感を感じるようにもなっていました。私はゼロから事業を立ち上げるのが大好きなのですが、そういうことがやりにくくなっていたんです」

転職活動もしていた。一方で人材教育の研修などを手がけるベンチャー企業の立ち上げなども考えた。しかし転職は条件が合わず、起業には自信が持てなかった。そこで、大きなものをつくるよりは、小さくても自分が落ち着いてできることから始めようと思った。

大学を卒業後、日本公文教育研究会(公文)に就職するが、結婚を機に退社。それから3人の男の子を立て続けに産んで、一時期は仕事をすっぱり辞め、専業主婦となる。しかし専業主婦の生活がどうにも合わず、公文教室のアルバイトで仕事復帰。その後、埼玉県鶴ケ島市の中央図書館で司書としてフルタイム勤務に戻り、アメリカのウェブディレクトリサービス会社ルックスマートの日本法人に転職。そして楽天ブックスに入社。

英語の履歴書を求められようが、年齢制限をオーバーしていようが、「とにかく面接までいければ何とかできる」とひるむことなく行動した。紆余曲折を経た佐々木の仕事人生だが、その間に離婚して、女手ひとつで男子3人を育てた。子どもたちの手が離れてきたことも、カフェの開店を後押しした。

Private Cafe Cozzyでは、月に2、3回、週末にワークショップを開催している。マインドマップをつくるといったビジネス関連のものからワイヤーワークなどの手づくり関係まで、多岐にわたる。こうしたワークショップの企画も含めて、カフェの運営には会社員時代に培ったビジネススキルが生かされていると佐々木は言う。

「ワークショップでも、ゴールは何なのか、差別化はどこなのか、講師の方と話し合いながらきちんと企画をつくっていきます。お店の運営でも、お客様の反応を見てメニューを替えるなど、仮説、実行、検証、仕組み化という楽天の考え方を意識してきました。会社で学ばせてもらったことを、今は当事者になって実践している。私は会社員生活をやってきてよかったと思います」

「次にやりたいことのために今を頑張る」が佐々木のスタンス。イヤな現実から逃げるために次を目指すのではない。だからこそ、これまでのあらゆる経験が今に生かされている。

Private Cafe Cozzyは4月で1周年を迎える。だが佐々木にとって、カフェの運営が最終目標ではない。ワークショップやセミナーなどはもちろん、ウェブサービスのアイデアなどもあるという。

「2足や3足といわず、たくさんわらじを履きたいですね」と笑う。佐々木の「次にやりたいこと」は絶えることがない。

(野上勇人=文 向井 渉=撮影)