一目ぼれって、本当にあるの?

写真拡大

「一目ぼれをしたことがないけれど、本当に顔を見ただけで相手のことを好きになることなんてあり得るの?」なんて声を耳にしたことがありますか。一目ぼれをしたことがない人にとっては、こう思ってしまうのは仕方がないことです。

ですが、一目ぼれは本当にあります。しかも、一目ぼれからスタートした恋愛は幸せになりやすいという意見もあるそうです。たしかに、相手のルックスに満足していると、多少の欠点は見逃せるもの。もちろん相手にそれ以上の欠点が存在したら恋愛もうまくいきませんが、一目ぼれからスタートした恋愛は、不満を抱きにくいもののようです。

このような話を聞くと、「私も一目ぼれできるようなすてきな人と出会いたい」「一目ぼれされるような熱烈な恋に落ちてみたい」なんて思う人が出てくるのも、当然だといえるでしょう。それでは、あなたはどうしたら一目ぼれをする、もしくはさせることができるのでしょうか。まずは、一目ぼれがどうして起こるのか、その恋愛心理だけでも知っておきましょう。

■外見が整っていると、一目ぼれはされやすいが、それだけではない

ルックスが整っている人、スタイルがいい人、笑顔がかわいらしい人は、やはり一目ぼれをされやすいものです。これは、相手が考えている理想の恋人像に当てはまりやすい条件がそろっているからからでしょう。目が大きい、唇がふっくらしていてセクシー、鼻がツンと高い、肌がツルツルしている、髪の毛がサラッとしていて見とれてしまう、手足が長いなど、そのパーツだけを見て好きになってしまう男性もいます。

■人は、「自分に似た雰囲気の人」か「自分と真逆の雰囲気の人」を好きになりやすい

また、人間は自分と似た雰囲気の人を好きになりやすいものです。自分が好きなバンドのTシャツを来ていたり、好きなキャラクターのグッズを持っていたり、お気に入りのブランドがかぶっていたりという場合には、「この人、私と共通点がありそう。仲良くなりたい!」と気持ちが盛り上がり、一目ぼれにつながるというケースがあります。また、自分と似たような雰囲気の人は安心できるもの。もちろん「自分はモード系ファッションだけど、ゴシックロリータの格好の女の子が好き」「森ガール系の洋服ばかり来ているけれど、ロックファッションの男性が好き」という人もいますから、一概には言えません。

人は、「自分と似ている雰囲気の人に居心地の良さを感じる」こともありますが、その反面、自分にないものを求めるということもあります。身長が低い人が高い人を好きになったり、痩せている人がぽっちゃりした人に一目ぼれすることもあるでしょう。

このように、一目ぼれをするパターンはさまざま。一目ぼれをされたいという人は、まずは自分磨きからスタートしてみましょう。