フライパンでつくる「きのこの山」が簡単でおいしい!

写真拡大

「きのこの山」といえば、一度は食べたことがある人も多い菓子だろう。今回は、フライパンでつくるきのこの山のレシピを紹介する。きのこのかさの部分は、食べ終わった後のゼリー容器を使ってつくるため、きれいな丸みを簡単に出すことができる。

材料(約36個分)

板チョコ 3枚(55g×3枚)

A(ホットケーキミックス 30g / 砂糖・サラダ油 各大さじ2分の1 / 溶き卵 大さじ1)

つくり方

1.ボウルにAの材料を全て入れ、へらでしっかりと混ぜる。ある程度混ざったら、手でこねてひとまとめにする。ボウルから取り出した生地をラップで包んでまな板にのせ、麺棒などで厚さ3mm程度にのばす。伸ばしたら生地を幅5mm、長さ3cm程度に切る。

2.フライパンにクッキングシートを敷き、1を並べる。蓋をせずに弱火〜中火で焼く。片面が焼けたらひっくり返して反対側も焼く。

3.板チョコを手で小さく折り、湯せんにかけて溶かす。食べ終わった後のゼリー容器(なければ製氷皿)をよく洗い、溶かしたチョコレートを容器の半分程度まで流し込む。2の生地をチョコレートに刺して、冷蔵庫で30分程度冷やす。チョコレートが固まったら容器から取り外して出来上がり。

「今回は、小さいゼリーの空き容器を使用しましたが、底が丸くなっている製氷皿を利用しても良いでしょう」(みやちゃん)。

みやちゃん

フィットネスジムでスタッフをしながら、料理人としても働いています。これらの経験をいかして、簡単でおいしいレシピをブログ「四万十住人の簡単料理ブログ! 」で紹介しています。