六角形のハニカム(蜂の巣)構造のスクリーン(写真は、「エコシア ツインワンチェーンタイプ」)

写真拡大

インテリアメーカーのトーソーは、断熱・保温効果の高いハニカムスクリーン「エコシア」とコンパクトタイプのアルミ製ブラインド「スラット15ミュート」を、2013年6月3日に発売する。

室内側と室外側との間に空気層

ハニカムスクリーンは六角形のハニカム(蜂の巣)構造で、室内側と室外側との間に空気層ができることで保温性を発揮し、冷暖房の効率を高めることができる。全9色のスクリーンすべてが防炎品かつホルムアルデヒドの放散量が少なく安全とされる認定品。

昇降コードがスクリーン内部を通り、正面から見えない構造になっているので穴がなく、光漏れを防ぐことできるうえ、すっきり美しい。また、遮熱性・断保温をさらに高めるオプションも充実した。

参考価格(写真)は、「エコシア ツインワンチェーンタイプ」(下生地TP‐5505シェラ/ピンク、 上生地TP‐5511シェラレース/オフホワイト)9万2190 円。

また、「スラット 15 ミュート」は、奥行き22ミリメートルのコンパクトなヘッドボスを採用したブラインド。取り付けスペーの狭い場所はもちろん、内窓と組み合わせて使う省エネ効果がさらに高まる。スラット(はね)は15ミリメートルの細幅で全100色から選べる 。サビにくいアルミ製の部品を採用した。