東京都・六本木の東京シティビューでカップル応援企画 -七夕の星空観察会も

写真拡大

東京都港区・六本木ヒルズの大展望台「東京シティビュー」では6月2日〜7月7日まで、恋するカップルを応援するイベント「Lover's Sanctuary 〜恋人応援キャンペーン〜」を開催する。

東京シティビューは、年間を通して多くのカップルが訪れる「恋人の聖地」と言われており、今年で開館10周年。同キャンペーンでは6月2日から7月7日の七夕までの期間、カップルで来館しクーポンを見せると1,000円オフになる「恋人の聖地割引」など4つのイベントを行う。

「恋人の聖地割引」では、通常ペアで3,000円の入館料が1,000円オフで2,000円になる。クーポンは東京シティビューWEBサイトにてダウンロードできる。

さらに、東京シティビュー×パレットタウン大観覧車コラボレーション企画も。東京シティビューと東京都・お台場のパレットタウン大観覧車のそれぞれの施設で配布しているステッカーを入手し、2枚のステッカーを合わせてハートの形を完成させると、東京シティビューの入館料と、お台場・パレットタウン大観覧車の乗車料金が割引になる。

割引内容は、東京シティビューが通常1,500円の入館料を1,000円に割引(ペアで2,000円)、通常900円の乗車料を700円に割引(ペアで1,400円)。

各施設先着50名に、恋人の聖地会員証でもある「プロミス・ベア”約束のクマ”」のチャームストラップをプレゼントする。

海抜270メートル、六本木ヒルズ森タワー屋上に位置する「スカイデッキ」では、恋人達のために金・土・祝日前日の営業時間(通常20時)を22時まで延長する。ディナーの後にゆっくりと、ふたりで、夜景を鑑賞しながらロマンティックな夜を楽しめるという(スカイデッキ入館料は別途500円必要。荒天時は予告なく閉鎖する場合がある)。

スカイデッキでは、天文学の専門家による楽しい解説を聞きながら星や月などの天体観測が楽しめる「スカイデッキ星空観察会」を「六本木天文クラブ」が毎月第4金曜日に実施している。当日はスカイデッキに天体望遠鏡を設置し、一般の方も天文学の専門家と一緒に、七夕に出会う織姫・彦星などを探すロマンティックな星空観察会を体験できるとのこと。7月7日は環境省が推進する「CO2 削減/ライトダウンキャンペーン2013」により、東京タワーをはじめ、街の明かりが消灯されるため、瞬く星を通常よりもくっきりと見られるという(雨天・曇天時は中止)。

7月7日19時〜21時(最終入場20時30分)。費用は無料(東京シティビュー入館料とスカイデッキ入場料は必要)。