アニオタ考案「痛スーツ」発売! 表は普通のスーツ、裏には「嫁」

写真拡大

痛スーツprojectは5月下旬、アニメなどのイラストをスーツ裏地にプリントした「痛スーツが」の販売を開始した。予約も受付中。

■コンセプトは「スーツ×萌え」、合い言葉は「ずっと一緒にいつでも一緒に」

「痛スーツ」はアニメなどのイラストをスーツ裏地にプリントした、オーダーメードスーツのこと。裏地だけでなく表地にもこだわりを見せており、50年以上紳士服の仕立てを行ってきた老舗の3代目が、生地やデザイン選び、縫製まで本格的に仕上げてくれるという。価格は5万〜50万円。

裏地に使用するイラストは、著作権の関係があるためユーザーの要望に応じて著作権者に働きかけていくとのこと。オリジナルイラストであれば、問題なくプリントができる。ちなみに考案者である痛スーツproject代表、吉田竜一氏の趣味は、アニメ、アイドル、ゲームだそうだ。

■7月にはフランス・パリで開催される「JAPAN EXPO」にも出展予定

「JAPAN EXPO」は1999年からフランスで開催されている、日本エンターテインメントと日本文化に特化したイベント。「痛スーツ」は、「JAPAN EXPO」出展に向けて準備を開始している。出展にあたっては「痛スーツ」をフランスから海外へ広めるだけでなく、メード・イン・ジャパンのスーツを広めることで、衣料業界、コンテンツ業界の振興にも役立ちたいという考えを持っているという。