人気モデルの紗羅マリー、エリーローズ

写真拡大

 人気モデルの紗羅マリーとエリーローズが31日、ラフォーレミュージアム原宿で行われたハーモニー・コリン監督最新作『スプリング・ブレイカーズ』のトークイベントに参加。観客を前に、青春時代の思い出やファッショントークに花を咲かせた。

 刺激を求める女の子たちのリアルな姿をポップかつスタイリッシュに描いた本作に刺激されてか、この日の二人も露出度の高いセクシーな装いで登場。会場からは「超かわいい〜」の声が飛んだ。

 紗羅は「今年はおへそは見せないで、おへその上を7〜8センチあけたファッションが流行っているの」と今年注目のファッションについて説明。エリーも「ハイベストが大好き」と同調した。

 映画について紗羅は、「自分からPRをやらせてほしいと言ったくらい気に入っている。とにかく刺激がいっぱい。はじけた青春がうらやましい」とアピール。一方、DJとしても活躍中のエリーは、サントラがすっかり気に入った様子で「メチャクチャかっこいい」と絶賛していた。

 付き合いは13年にもなるという紗羅とエリー。「二人ともパンクな格好をして騒いでいたね」と楽しそうに青春を振り返り、「若いときはやりたいことは何でもやった方がいい」と客席に向かって話しかけ、息の合ったトークを繰り広げた。

 本作は刺激を求める女子大生4人組が春休みに羽目を外し、裏社会へと足を踏み入れていく姿を描いた異色の青春ドラマ。4人組にはセレーナ・ゴメス、ヴァネッサ・ハジェンズ、アシュレイ・ベンソン、レイチェル・コリンら若手人気女優が集結。また、ジェームズ・フランコが彼女たちの運命を変える極悪人として出演している。(福住佐知子)

映画『スプリング・ブレイカーズ』は6月15日より渋谷シネマライズほか全国公開