女性が感じた男性の”夜のお誘い” -「いいでしょ?」「夜遅く待ち合わせ」

写真拡大

すっかり遅くなってしまったデートの帰り道。急がないと終電に乗り遅れちゃうってときに、彼から一言。「このあと、うちで飲み直さない?」え、それってもしかして、もしかすると……夜のお誘い!?

Q.「今夜OK」男性から”夜のお誘い”サインを感じたことはありますか?

はい 14.0%

いいえ 86.0%



Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはどんなサインでしたか? どうして誘われていると感じましたか?

■家に誘われた

・「ストレートに『うちに来ない?』」(29歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「普通に、家によっていかないかと聞かれた」(40歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「今日は家にきていいよ、と酔いながら言われました」(31歳女性/情報・IT/技術職)

・「『うちで飲もう』わりと終電の早い田舎だったので」(26歳女性/学校・教育関連/専門職)





■夜のデート

・「夜待ち合わせで帰れない時間だったので」(26歳女性/その他/その他)

・「食事にと誘われる時間が夜で、さらに家まで送って行くよと言う」(33歳女性/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「夜にドライブ、またはデートをしていて、どこに向かうでもなくぶらぶらして、話し出すタイミングをはかっていそうなとき」(29歳女性/ソフトウェア/技術職)





■直球で……

・「ホテルに誘われる」(28歳女性/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「いつも以上にベタベタしてきたときや、耳元で『ね?』と言われたときなど、直球が多いような気がします」(25歳女性/金融・証券/専門職)

・「いいでしょ?みたいな、合意を求めるサイン」(24歳女性/運輸・倉庫/営業職)

・「はっきりホテルなどに誘われたり、やたらに手を握り、電車から途中駅で降りようとさせられたり、相手の最寄り駅で無理やり降ろそうとされたりした」(35歳女性/情報・IT/販売職・サービス系)





■帰してくれない

・「帰りたいけど、帰してくれないみたいな」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「終電近くの時間になっても帰りたがらない」(29歳女性/情報・IT/事務系専門職)





■ボディタッチ

・「やたらと触ってくる」(25歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「腰に手をまわしてくる」(25歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「ボディタッチが多いとき」(30歳女性/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)





■その他

・「泊まりで京都に行こうと言われた」(26歳女性/電機/技術職)

・「いやに熱っぽく話しかけてきたから」(31歳女性/医療・福祉/専門職)

・「目をじっと見てキスされた時……そのまま、したいんだろうなぁと思った」(28歳女性/金融・証券/秘書・アシスタント職)





■総評

男性から”夜のお誘い”サインを感じたことが「ある」と答えた女性は意外と少なく、14.0%だった。まわりくどい誘いは少なくストレートなものがほとんどで、一番多かったのは、夜遅くに一人暮らしの家に誘われること。終電間際に「家で飲み直そう」と言われたら、よほどの鈍感でもない限り「今夜OK?」のサインであることに気づくだろう。

「今夜は帰さないよ」「いいでしょ?」という直球の誘い文句も。このくらい大胆に誘われたほうが、分かりやすくて(?)良いという女性もいるだろう。また、飲み会で2人きりになろうと必死になっている、ボディタッチがいつもより多め、じっとこちらを見つめてくる……なども、夜のお誘いサインとして感じ取られているようだ。

女性が「お誘いサイン」に気づいても、拒否をされたらそこで終わり。お誘いをする前に、脈アリかどうか注意深く見極めたいものだ。

調査時期: 2013年4月25日〜2013年4月26日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 女性200名

調査方法: インターネットログイン式アンケート