2日間首位をキープした丸山大輔、決勝Rでこの位置を死守したい(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ダイヤモンドカップゴルフ 2日目◇31日◇大洗ゴルフ倶楽部(7,190ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ」は2日目を終えて、トータル6アンダー首位タイに丸山大輔、I・J・ジャン(韓国)、李京勲(韓国)、小平智の4人が並ぶ混戦模様となった。1打差の単独5位に片岡大育、トータル4アンダーの6位タイには松山英樹ら4選手が並んだ。
「ダイヤモンドカップゴルフ」を松山英樹1打速報で振り返る!
 初日からの首位をキープした丸山は、12番のバーディ以外はすべてパーでホールアウト。「5メートルから10メートルが多くて、パットが入らなかった。ピンチもなかったです」と確実にパーオンしてバーディ逃しのパーを積み重ねた。初日は5アンダーで飛び出したが一転してこの日は淡々とホールを消化。それでも、「昨日は手探りで予想外のゴルフでした。今日のほうが“らしい”ゴルフ」と気にする様子はない。
 昨年から悩んでいたショットもようやく復調傾向で、「ショットは安定している。アゲインストでも低いドローでフェアウェイをキープできた」と手ごたえを得ている。「こういう所で回らないとやっていても仕方ないですよね。不安のほうが大きいけどやるしかない」。09年以来遠ざかるツアー優勝へベテランが気合いを入れなおした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ショットの不調、シード落ち…大洗で再起を図るベテラン達
松山英樹、4戦連続の優勝争いへ「悪い方向には行っていない」
ALBA.Netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアーの賞金ランキング