<ダイヤモンドカップゴルフ 2日目◇31日◇大洗ゴルフ倶楽部(7,190ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ」の2日目。1アンダー27位タイからスタートした松山英樹が、3つスコアを伸ばしトータル4アンダーで6位タイに浮上した。
ジャンボ尾崎は松山英樹のプレーに「うらやましい」
 大会のスペシャルサポーターとして、この日ラウンドレポーターを務めたタレントの武井壮もそのポテンシャルに度肝を抜かれた。「球の強さでコースをねじ伏せている感じ。コースに覆いかぶさってつぶしているように見える」。4ボギーを叩いた初日とは一転してこの日はティショットの安定感も抜群。チャンスを決めきれずバーディは3つに留まったが、ピンチらしいピンチもなくノーボギーで回りきり、「上手いというより“強い”なという感じ」と百獣の王を目指す男もうならせるゴルフで難コースを攻略して見せた。
 ティショットの好調さを象徴していたのが6番のパー4だ。このホールは348ヤードと距離が短いためティショットでドライバーを握ることは少ないが、この日はドライバーを強振。グリーン手前のバンカーに入れると、そこから絶妙に寄せてバーディを奪ってみせた。「バンカーを狙って打ちました。そっちのほうがバーディチャンスにつけやすいかなと思った」。ドライバーが大きく曲がることも多い松山だけにトラブルを招く可能性もあったが、ボールは“狙い通りに”バンカーへ。ティショットへの自信がなければできない攻めだった。
 この日はバーディパットが2度カップに蹴られるなど、ショット、パットがガッチリ噛み合ったとはいえないながら、2日間終わってみれば「つるやオープン」から4試合連続の優勝争いを現実のものとする2打差6位タイ。「ショットは昨日より良くなっているかといえば何とも言えないけど、悪い方向に行っていないのは間違いない」と状態も開幕前から確実に上向き。「明日は少しでも優勝に近づけるようにプレーしたい」底の知れない規格外の怪物が、今大会も頂点をにらんで週末を迎える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
松山英樹のこの日のプレーを「1打速報」で振り返る
松山英樹のプロフィール&今季成績など
松山英樹のスイング動画
最新のゴルフギア情報&試打レポート
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」