来日したことを報告したリア・ディゾン/オフィシャルブログより(Ameba)

写真拡大

米国に帰国していたタレントのリア・ディゾンが31日、来日したことを報告した。

【さらに写真を見る】来日を報告したリア・ディゾンをもっと見る

「着きました!」と題した自身のブログでリアは、「ハロー!今何をしていますか?」と切り出し、「日本に着きました!」とコメント。リアは、27日付けのブログで「もう少しで日本に行きます!とても楽しみです!」と予告していた通りに来日した。

現在は、「私は今“ヴァンパイア・ダイアリーズ”を見ています」と自宅で海外ドラマを観るなどして、ゆっくり過ごしていることを明かした。

リアは2006年の春に来日し“グラビア界の黒船”のキャッチフレーズで芸能活動をスタート。日本語で歌うシングル4作とアルバムをリリースし、2007年度の「NHK紅白歌合戦」に出演した。その翌年10月、人気絶頂のさなかにスタイリスト・BUN氏との結婚と妊娠を発表。長女・美蘭(みら)ちゃんを出産。

出産後も女優として活躍していたが、2010年12月に離婚し、その後は母娘でアメリカに帰国していた。昨年8月のブログで「私は今年からニューヨークの演劇の学校でアクティングの勉強をしています」と報告し、12月にはニューヨークでの芸能活動再開を発表。1月16日付のブログでは初めてオーディションを受けたことを明かすなど、本格復帰に向け精力的な活動を続けていたが、2月13日付けのブログでは出演が決まっていたドラマの撮影が急遽中止になったとつづっていた。

一部報道によると、リアは日本での活動も視野に入れているという。今後のリアの動向に注目だ。(モデルプレス)