安定したショットを武器にバーディを量産した若林舞衣子(撮影:ALBA)

写真拡大

<リゾートトラストレディス 初日◇31日◇関西ゴルフ倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 兵庫県にある関西ゴルフ倶楽部を舞台に開幕した国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」。快晴に恵まれた初日はグリーンがやわらかく止まることもありアンダーパーを記録する選手が続出。その中で初日首位タイに立ったのは7バーディ1ボギーの“66”をマークした若林舞衣子だった。
「リゾートトラストレディス」をチェックするならLIVE写真館で!
 ショットもパットも良かったと話した若林。その言葉通り4番から3連続バーディを奪うなど前半から快調にスコアを伸ばしていく。続く7番でこの日唯一のボギーを叩くが「ラフに入れたから仕方ない」と気持ちを切り替えて、後半さらに4つのバーディを奪取。結果、イ・ボミと並ぶ6アンダーをたたき出した。
 今季ここまで優勝こそないものの、2位が2回と好調なゴルフを展開している若林。その要因としてショットの安定感が増したことを挙げる。「もともとパットは得意なので、ショットでチャンスを作れるようになったことが大きいです」とショットが向上したことでパットとの噛み合いが生まれ今季の好調を支えている。
 また、同じ岡本綾子に師事する森田理香子の活躍も刺激になっている。「先週も序盤で1打差に詰め寄られたりと精神的にきつい状況を耐え切って優勝していましたし、それを見て私も頑張らなきゃいけないと思いました」と胸の内を明かした。めざましい活躍を見せる後輩に追いつくためにも、まずは今大会で優勝しツアー3勝目を挙げることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
森田理香子、技術的にも精神的にも充実「もっと上を目指して」
横峯さくら、新規開催コースを警戒「ショットの精度が求められるコース」
最新マッスルバック、どんな人に向いてる?
最新のゴルフギア情報をまとめてチェック!
各ツアーの賞金ランキング