「今でしょ!」など世相を反映した最新版人生ゲーム発売。リアルイベントも

写真拡大

タカラトミーは6月27日、「人生ゲーム アドベンチャー」を全国の玩具専門店、百貨店、量販店、一部雑貨店、インターネットショップなどで発売する。価格は3,990円。

「人生ゲーム」は、ルーレットを回してマス目を進み、就職や結婚など人生の様々なイベントを経て億万長者を目指す盤ゲーム。今回発売される商品は、大自然に囲まれた島を舞台に、お宝を探し求めて冒険を繰り広げるという内容になっている。

同商品では、「道しるべとなるコンパス」など冒険心を高めるアイテムを使って獲得した「お宝」の価値が、勝敗を大きく左右する。お宝には、隕石やダイオウイカなど話題のものや、「故郷の夕日」「思い出のアルバム」などがある。”値段がつかないプライスレスな「お宝」”が登場するのは、同ゲーム史上初という。

職業も「ハンター」や「船長」など、冒険のイメージに合うものが用意されている。マス目には、冒険がテーマになったもののほか、「グループで海女体験」や「家庭教師のバイト、いつやるの?今でしょ!」など、世相を反映したものが書かれている。

同商品は鹿児島県与論(ヨロン)島を舞台にしたコラボレーションイベントも実施。同島の形が、人生ゲームのシンボルであるルーレットの形に似ていることから、”リアルに人生ゲームを楽しめる島”として島興し企画を行うという。

7月20日〜9月16日には「ヨロン島 リアル人生ゲーム」として、島内4カ所に設置されたルーレットで島をめぐるイベントを開催。また、島内の小学校では、与論島の人生ゲームを製作する授業を実施する。製作途中の小型複製版は6月13日の「東京おもちゃショー2013」で展示されるほか、完成版は7月20日より与論空港と同社Webサイトで公開される。