Amazonで販売されてるキャットフードが18禁扱いになっている件

写真拡大

「アニモンダ ラフィーネ スープ アダルト 牛肉とガチョウとソーセージ 100g」(価格:262円)。
ドイツのメーカーが販売するキャットフードのAmazon販売ページですが、何がおかしいかって?

【関連:最近の迷惑メールが「おもしろすぎる」と話題】

キャットフード


よーく見てください。商品名の末尾に「アダルト」と明記されています。

なぜだかは不明ですが、こちらの商品、Amazonのアダルトカテゴリに分類されており、18禁認証を突破しなければ購入することができません。そのため、インターネットを通じ今話題となっています。

ちなみにこの商品のカスタマーレビューには、「1歳半ともなれば立派に成猫とみなされるこの業界において、18歳未満購入不可といわれると、平均寿命が12歳である我々にとってはいささかハードルが高く。一刻も早い規制緩和を希望します。」というコメントや、「この商品が18歳未満購入出来ないとは。」、「18禁というだけで牛肉とガチョウとソーセージがなぜか卑猥な単語に見えてくるのは不思議ですね。」などというコメントが早速投稿されており、ネットユーザーによるAmazonレビューいたずら合戦が繰り広げられています。

なお、商品本体は262円ですが、送料は関東への配送で+630円必要。
通常は3〜4日で届けてくれるそうです。

画像:Amazon

(文:虹子)