JALは6月から東北応援プロジェクト「行こう!東北へ」をスタートする

写真拡大

日本航空(JAL)グループは2013年6月1日から、東北を応援するプロジェクト「行こう!東北へ」を立ち上げる。プロジェクトは同社の本業である航空輸送事業を通じて東日本大震災からの復興を後押しすることを目指しており、東北地方にチャーター便を飛ばしたり、復興応援ツアーを企画したりして観光振興を支援する。JALグループの社員研修も東北地方で行う機会を増やす。

それ以外にも、JALのマイルと東北の名産品を交換できるようにしたり、機内や空港ラウンジで名産品を提供したりして「東北産」を売り込む。