子供の骸骨を埋め込む…「殺気」を作り出す”風水術”とは? 【オフィスで役立つ『風水』基礎知識】

写真拡大

一般的に、ビジネスの風水と言いますと、オフィスの気を良くするための措置を考えていくものです。

当然、仕事をしやすい、気持ちのいい環境を作ることが第一の目的となります。

しかし、実は同じビジネスでも、逆のことも稀に行われたりします。

悪い気、殺気を作り出すということです。

例えば、ラスベガスやマカオのカジノ。

大勢の人が一山当てようと目をギラギラさせてやってきますね(笑)。

こうした客の中には、やはり生まれつき運のいい人や、風水の知識を利用して、うまく勝とうとする人なども含まれていて、運営者側を悩ませます。

こういった状況では、お店側は逆に気を悪くする風水術を用います。

風水師を呼んで、客の潜在意識に、恐怖であるとか、勝てそうにない雰囲気を植えつけるような設計をするのです。

一番恐ろしい例としては、建物の真ん中に子供の骸骨を埋め込んで、大きな強い殺気を生み出した店もあるのだとか。

最近の風水はとかく、「幸せになる方程式」とか、「お金持ちへの道」みたいなライトな面ばかりクローズアップされていますが、実は結構生々しい用途もあるんですね。

ちなみに、一番簡単な「攻撃的な気」の作り方は、何らか鋭角のものを、その対象(建物や人)に向けることです。

例えばオフィスの中でも、柱などの「角」(90度が多いですので、そんなに強い気は発しませんが)が自分のほうを向いていたら、風水師はその前に観葉植物を置くなどして、気の衝突を回避します。

そういうことを知ると、他人様には「尖ったもの」を向けられなくなります。

食事の席などでも、箸の先が誰かに向いてないかとか、少しのことですが気にするようになるんですね。

でもそういった「縛り」があるおかげで、ちょっとした気遣いができたり、ずぼらにならずに済んだりしているのではないかと思っています。

いろんな難しい理論もありますが、風水の基本はいつでも「快適な空間作り」です。

相手にされて不快なことは、自分でもしない。そういうことも重要な「風水」ではないかと思うのです。